Scientific Writing

Scientific Writing では、読み手がだれであっても内容が明確に伝わる書き方でないといけませんね。 「明確に伝わる」ための一つのポイントは、「抽象的な言葉を用いずに、具体的な単語を選ぶ」を実行することです。特に、結果を述べる際は、動詞で状態Howまで表す様に心がけてみます。そうすると、読み手が同じバックグランドを共有していなくても、かなり分かりやすくなります。 まず、1. 一般英語の抽象的な動詞と具体的な動詞を見ていきましょう。イメージがわくと思います。そして、2. サイエンスでよく使われる抽象的な動詞と具体的な動詞をみていきましょう 1. 一般英語でよく使われる 抽象的な動詞 vs. 具体的な動詞 抽象的な動詞 (General verb) 具体的な動詞(Specific verb) Talk
How so→ Explain, voice, chat, communicate, telephone, stutter, shout, 抽象的な動詞では、「話す」しか情報を含まないのに対して、具体的な動詞は、説明する•電話する•叫ぶ•伝達するなど「どの様に」まで伝わりますね。 2. Scientific writingでよく使われる 抽象的な単語 vs. 具体的な単語 抽象的な動詞 (General verb) 具体的な動詞 (Specific verb) Affect
How so→ reduce, decreas, increas, widen, heighten, 結果を述べる際の例文をみてみましょう。 Maternal drug use affects newborns. 母親が薬を飲むと新生児に影響がある。 これでは情報が少ないですね。どの様に影響があるのでしょうか? [ 58 more words. ]

http://murakiediting.com/technical-writing-1

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。