MEdiCを選ぶ理由

安心⒈ 一人の校正•翻訳担当者が、責任を持って、お客様をフルサポート
日本語•英語の本質を理解している担当•責任者がセンテンスの構成、パラグラフの構成、全体の構成までも配慮して、校正•翻訳しています。

多くの校正会社は、3~4人が一つの仕事を仕上げるというのを売りにしていますが、果たして、人数が増えれば必ずよいという事でしょうか。
例えば、レベル1−3まで提供する翻訳会社の仕組みは次の通です。レベル1翻訳者が日本語を英語に直訳します。次に、レベル2翻訳者がレベル1翻訳に修正を加えます。さらに、料金を追加すると、そのレベル2翻訳をレベル3(ネイティヴ)校正者が修正します。つまり、レベル1を2が、レベル2を3が修正する事に発生する金額はお客様負担という事です。また、一番初めの日本語から英語の翻訳はレベル1担当者がするので、そのセンテンスの構成は必ずしも高いものとは言えません。日本語的発想で書かれた日本語をそのまま英語に直訳しても、何が言いたいのかよく分からない英語になるからです。従って、レベル3ネイティヴは、そのレベル1が形を作ったものの範囲で文法だけあっているかをチェックするので、元々の日本語と英語両方の本来の意味や言い方などまでは把握していないのではないでしょうか。
一人の日本語•英語の本質を理解している翻訳者がセンテンスの構成、パラグラフの構成、全体の構成までも配慮して、校正•翻訳しています。料金も手数料込みの一律で、安心です。詳しくは➡️ http://medic-murakiediting.com/whymedic

安心 2. 校正者との直接やり取り•アフターケアの充実

原稿について問い合わせをする事ができます。
MEdiCでは、お客様からのファーストコンタクト後に、見積書と納品日を提示させて頂き、ご承諾いただければ確約をお送りいたします。納品後も4週間以内であれば、メール•お電話で不明な点をお伝えください。スカイプで作業する事も可能です。担当者が責任を持って、初めから最後まで納得のいくサービスを提供できる様努めています。

安心 3. 校正箇所には理由•説明がある

修正箇所には、必ず理由があります。無駄な赤ペンは一切いれません。その修正説明もMEdiCではお客様にお伝えしています。 

安心 4. 文法だけでなく、学術論文において正しい書き方までアドバイス

Scientific writingでは、実験データをもとに言葉で自らの主張を証明, state, argue, rebut, persuadeしなければいけません。文法だけ目を通すのではなく、MEdiCでは、論文の質をあげる様努めています。

安心 5. 強み分野は生命科学系•医学系論文

MEdiCの論文校正サービスには強み分野があります。生命科学系です。これまで、医学系、薬学系、理学系、保健体育系論文を主にみてきました。
ただし、一般英語の質は他社には負けない自信があることも申し添えます。